トップページ > ニキビを予防しよう! >  適切な睡眠を!

適切な睡眠を!

みなさんはどのような睡眠のとり方をしていますか?

「3時間眠れば大丈夫」という方、
「毎日夜中の2時に眠る」という方など
人によって睡眠のとり方は様々です。

しかし、ニキビを防ぐためにはこのような
睡眠のとり方はあまりよくありません!

ここでは、適切な睡眠のとり方の
ポイントをお伝えします。

<1日8時間の睡眠をとる!>

1日に8時間眠るということは、その時間に
「しっかりと体を休める」ということになります。

起きて体を動かしているときは、
体を動かすために、血液は脳に送られます。


しかし、眠っているときは
脳に送られる血液が減り、その代わりに
皮膚や内臓などに血液が送られます。

このときに、皮膚や内臓に栄養が行き届くのです!


仕事の関係などでどうしても8時間も
睡眠時間をとれないという方は、
「少しでも睡眠時間を長くとる」ということを
心掛けてみてはいかがでしょうか?

<夜中の22時~2時の間は眠っている状態に!>

夜中の22時~2時の間にぐっすり眠っていると
その間に肌を再生するために必要なホルモンが
大量に分泌されます。


その時間帯は「お肌のゴールデンタイム」とも
呼ばれています。

その間に皮膚の内部で新しい細胞ができ、
古い細胞が押し上げられ、はがれていきます。


ですので、「お肌のゴールデンタイム」の間は
眠っている状態にしていることが
お肌の再生には良いとされています。


しかし、22時までに眠りにつくということは
現代人にはなかなか難しくなっています。

お肌のことを考え、日付がかわる前までに眠るなど、
できる範囲で実践してはどうでしょうか?

<眠り始めから3時間はしっかり眠る!>

眠り始めから3時間の間が
深い眠りについている状態であると
お肌に良いとされています。

その間にニキビやお肌の再生のために良い
成長ホルモンが大量に分泌されるからです!


眠りはじめから3時間の間が最も
深い睡眠状態が集中しており、
そこから徐々に浅い眠りになっていきます。


眠たくない状態のときに、無理して
布団に入るというよりは、
眠たくなってから眠ることの方が大切です。


なかなか寝付けない方は
眠る前には、カフェインの多く含まれている
コーヒーやお茶の摂取をひかえたり、

リラックスできるような音楽を聴くと
良いでしょう。

このページのトップへ↑