トップページ > ニキビができる仕組み >  お肌は4週間で生まれ変わる?

お肌は4週間で生まれ変わる?

若いころはすぐに治っていたニキビも、
年齢が上がるにつれて、治りにくくなってきますね。

特に、一度潰してしまったニキビの場合だと、
ニキビが治る頃には、黒っぽいシミになってしまいますね、、、。

それはお肌の細胞のサイクルに関係があります!
ここでは、お肌の細胞がどのようにできるのか説明します。

<お肌のターンオーバー>

肌の一番表面の部分(表皮)の細胞は
基底層でつくられます。

そして、新しくできる細胞によってぐいぐいと
肌の外側に向かって押し上げられていきます。

「基底層→有刺層→顆粒層→角質層」の順番ですね!


角質層までくると、細胞は古くなって死んでしまいます。
そして、古くなった細胞は角質層ではがれ落ちていきます。
フケやアカとなってポロポロとはがれていくんですね。


新しい細胞がつくられて古くなった細胞がはがれ落ちていくことを、
「皮膚のターンオーバー」または「角化」といいます。


新しい細胞が基底層から角質層にたどり着くまで「約2週間」、
それから細胞がはがれ落ちるまで「約2週間」なので、

肌は約4週間で全く新しい肌に生まれ変わるのです!!

<肌のターンオーバーが長くなると・・・?>

お肌のターンオーバーのサイクルは
年齢が上がるにつれて長くなってきます。

20歳前後で肌のターンオーバーが4週間でも
40歳ぐらいになると40日以上かかることも、、、。

お肌のターンオーバーが長くなると、
肌の表面の角質がはがれ落ちにくくなるため、
新しい細胞もできにくくなってしまいます。

そのため、ニキビやケガなども治りにくくなります。

高齢になるにつれて、シミやシワになったりするのは
お肌のターンオーバーが原因だったんですね!

<お肌のターンオーバーが乱れる原因>

お肌のターンオーバーが乱れる原因は
年齢が上がることだけではありません。

・生活習慣の乱れ
・ストレス
・睡眠不足
・喫煙
・ホルモンバランスの乱れ

などが考えられます。

お肌のターンオーバーの周期が気になる人は
一度生活習慣を見直してみてはどうでしょうか?

このページのトップへ↑